LOVE STORY

各小説には、公開しているサイト名のところから飛べるようになっています。

続編は、各サイトにあります。ないサイトもあります(^^; すみません。

 

眠らせ森の恋

 エブリスタ

 

 新米秘書の秋名つぐみは、あまり顔と名前を知られていないという、しょうもない理由により、社長、半田奏汰のニセの婚約者に仕立て上げられてしまう。

 なんだかんだで奏汰と同居することになったつぐみは、襲われないよう、毎晩なんとかして、奏汰をさっさと眠らせようとするのだが――。

 私、今宵もあなたを眠らせますっ。

 この貞操を守るためっ!

 おうちBarと眠りと、恋の物語。 

 


わたし、結婚するんですか?

 ベリーズカフェ

 

「私、結婚するんですか?
 誰と結婚するんですか?」

 まったく身に覚えのない話に、洸がそう訊き返すと、遥久は、
「俺だろう」
と言う。

 

 記憶喪失の洸の、本当の花婿は――?

 

 

 


支社長はいつもご機嫌ななめ

 エブリスタ

 

 お気に入りの駄菓子屋に行ったつもりが、そこは江戸だった――。

「おい……。
 いつから、此処は江戸になった?」
と冬馬が屋台の並ぶ商店街を見ながら問うと、

「支社長っ、町おこしですっ」
と何故か町娘の格好をした、総務の篠原琴音が言う。

「……やりすぎだろ」
と言う冬馬の前を、真っ赤な衣装を着て、巨大なトウガラシのオブジェと幟を抱え、トウガラシを売り歩く男が通っていった。

先輩、お持ち帰りしたいですっ!

 魔法のiらんど

 

 呑み屋街の公園の側。

 高校のとき好きだった渋谷介(しぶたに かい)が道に落ちて寝ているのを見つけた、みちる。

 その綺麗な寝顔に、誰かが介を持って帰ってしまうのではないかとハラハラするものの、自分では介を抱えることができず。

 みちるは、アスファルトに正座して、介を見張っていた。

 そこへ、みちるの同期で一番のイケメン、久門(くもん)が呑み会から消えたみちるを探し、やってきた。

「そうだ、九門くん。
 先輩、持って帰ってよ」

「待て。
 俺にそんな趣味はないぞ……」

 

じゃあ、俺がお前の就職先を紹介してやろう

 魔法のiらんど

 

 学校帰り、突如、王子というあだ名の転入生に告白された優(まさる)。

 ところが、それを聞いた担任の京橋伊吹(きょうばし いぶき)が、待ったをかけてきた。


 進路指導室に優を呼び出した伊吹は、嫌そうに、
「じゃあ、仕方がないな。
 お前、俺と結婚しろ」
と言い出した。

 二人とも、絶対、なにか裏があるっ!
と怪しむ優だが――。






その恋、記憶にございませんっ!

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 酔って、道端に立っているフライドチキンのおじさんを連れて帰ったつもりだったんです。

 でも、目を覚ましたら、そこに居たのは、スーツを着た男の人でした――。

 

 

 


あまりさんののっぴきならない事情

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 エブリスタ

 

「何故、こんなところに居る? 南条あまり」

「……嫌な人と結婚させられそうになって、家を出たからです」
「それ、俺だろ」

 そーですね……。


好きになれとは言ってない

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 いつもより遅い時間に電車に乗った遥は、リストラ大魔王こと、新海航と遭遇する。


 大魔王様に、
「何故、逃げる。座れ」
と横に、はべらされた遥の運命は――?

 



課長の瞳で凍死します

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 真湖は切れ者の五嶋雅喜課長が苦手だ。

 知的で格好いいと、みなは騒ぐが、その目で見つめられると、凍りつきそうになるからだ。

 だが、真湖は五嶋課長とキスしたことがあった。

 


不眠症の上司と――  千夜一夜の物語

 エブリスタ

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

「俺が寝るまで話し続けろ。

 先に寝たら、どうなるのかわかってるんだろうな」

 

「ええ~?」

 

 


ケダモノ、148円ナリ

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 ケダモノを148円で買いました――。

 



王様とうさぎさん

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 他の課のよく知らない男にいきなり倉庫に連れ込まれ、プロポーズされた莉王(りお)。

 卯崎允(うさき まこと)というその男。

 ルックスはいいが、堅物であまり浮いた噂はないらしい。

 たいして面識のない自分に、何故、告白してきたのか、莉王は訝しむが、その理由は、なんと、莉王に霊が見えるからだった。


禁断のプロポーズ

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

「課長っ!
 結婚してくださいっ」

わかった。
 日取りの方はちょっと待て」


密室の恋人

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 エレベーターでいつも会う人が好き。

 生きてないけどーー。 ひっそりといつも佇んでいる感じで。

 目が合うと、そっと微笑み返してくれる。

 その穏やかな感じが好きだ。



わたし、式場予約しました!

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 エブリスタ

 

 とある事情により、どうしてもその日までに結婚しようと、心に決めた瑠可(るか)。

 相手も居ないのに、とりあえず、式場の予約に一人で行ってみた。

王様と私のただならぬ関係

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 生きてるんですか?

 動くんですか?

 誰かを好きになったりするんですか――?

 彫像のように美しい変人研究員、葉月秀人と新人OL、明日香の恋。

 


通勤電車の恋人

 エブリスタ

(3まであります。)

 魔法のiらんど

 

「……目を覚ませ、杏(あん)。
 日本に王子など居ない」




私、今から詐欺師になります

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 結婚はしてましたが、恋をしたのは初めてです――。

 


派遣社員の秘め事  ~秘めるつもりはないんですが~

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

「お前、俺の子を産んでみるか?」


課長、これがハニートラップというやつですか?

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

「好きなんですっ、貴方の手がっ」

「……斬新な告白だな」



私、あなたを呪ってマス! ~こちびOLと凶悪な先輩、芹沢彰人の日常~

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

 

 殺そうと思った。
 社内一のイケメン、芹沢彰人にキスされて。

 


うっかり姫の恋 ~この鍵、誰の鍵ですか?~

 魔法のiらんど

 ベリーズカフェ

(それぞれ、ちょっと話が違います。)

 

目が覚めたら、隣りにイケメンが、とか、よく聞くけど。

 目が覚めたとき、誰も居なかったら、どうしたらいいんだろう?


猫街の珈琲屋さん

 カクヨム 

 

出て行け。

何度も言うようだが、此処はトースト屋じゃない。

 



完璧執事のおシゴト探し

 カクヨム

 

 お嬢様、それは命令ですか――?